セーフティーバント ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

セーフティーバントのコツ

セーフティーバントが上手く出来ますか?
セーフティーバントは、バッターが、1塁へ生きるために行うバントです。特に左打者なら右バッターと比べて1塁に近いので塁に出る為の大きな武器になりますね。
また、左バッターが一塁方向にボールを転がすのをドラッグバントと言います。

 

 

そして、セーフティーバントのコツは、いかにも打つというように相手の思わせるように打ち気まんまんで構えて、何の前触れもなく出し抜け に、顔をバットに近づけてバントの体勢をとるようにすることです。
早くから構えずに、出来るだけボールを引きつけてからバットを出すことが上手くセーフティーバントが決まるコツです。

 

 

左打者なら、はじめの構えはバッティングと同じです。バントのそぶりは見せないで、右足を開きながら体重移動しつつバットを出し、右手首は締めるようにして、素早くバットのヘッド部分をを出します。この時に下半身のバランスが崩れないようにします。

 

 

そして、1塁にスタートを切りながら、グリップを柔らかく使いボールの勢いを殺してバントをし、ボールを見ずに1塁に向かってダッシュするようにします。

 

 

また、基本はストライクのボールをバントします。無理してボールの球をバントする必要はありません。仮にバントが失敗した場合でも、ゴロを打つようにしたいので、もし、バントでフライになったりするようならバットのヘッドが下がっていることが考えられます。そうならない為にも、十分にボールを引きつけてからバットを出すようにした方が良いでしょう。

 

 

なお、打つ構えから、セーフティーバントの構えまでを数多く行いフォームを固めることが重要です。この佐藤理恵監修のソフトボール上達革命DVDではボールを使った練習が紹介してあり、繰り返しご覧になることで「構え」のポイントやコツを掴めるようになりますので、外で練習する時には、しっかりと反復することで上達することが出来るでしょう。

 

試合で失敗しないセーフティーバント実戦練習法とは?

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集