守備の基本 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

守備の基本

ここでは、キャッチボールの基礎から守備が上達するためのコツまで、ソフトボールの守備の基本について解説しています。
守りに苦手意識がある方の参考になれば幸いです。

守備の基本記事一覧

キャッチボール

キャッチボールは、ソフトボールの守備において送球などの全てに通じる基礎となる基本的なものになりますね。キャッチボールを行う上で大切な構え方は、自由に動ける半身になって構えるようにしましょうボクサーが身構えるファイティングポーズような左足を前に少し出し構えると、どこにボールがきても動きやすいです。そし...

≫続きを読む

 

守備の重要性

キャッチボールで基本の動作を覚えたらゴロやフライなどの捕球を練習し、実践でミスを出来るだけ少なく出来るように守備(フィールディング)技術を磨く必要がありますね。バッティングは、相手ピッチャーの出来次第で好不調がきまる部分もあり、どれだけ練習したとしても予想がつきません。ですが、3回のうち1回でも打っ...

≫続きを読む

 

送球の基本

ソフトボールなど野球の送球の基本は、オーバースローと言われていますね。このオーバースローは、腕を後ろに引いて肘が肩より下がらないようにして投げます。腕を鞭のようにしならせながら振り下ろして、手首のスナップを利かせるのが大事です。ですが、目標までの距離が短い時やダブルプレーを狙って捕球して素早く投げた...

≫続きを読む

 

守備の構え方(内野手・外野手)

内野手や外野手の守備においての最初の構え方は、打球に素早く反応する為にはとても重要ですね。内野手や外野手の守備の構え方は基本は同じで、ゴロもフライも打球の正面に入って捕球します。ですが、内野手はゴロが飛んでくる事も頻繁にある為、低い前傾姿勢をとるようにし、外野手は腰をやや高くし、前後左右のボールに対...

≫続きを読む

 

内野手の守備位置

内野手の守備位置は、大きくはランナーの有無や得点差により定位置、前進、深めの守備をとります。バントを警戒する時や1本のヒットでランナーがホームに帰り得点を許してしまうスコアリングポジション(3塁)にいるような状況では前進守備をとり、外野に抜ける長打を警戒する場合は深めの守備をとるのが通常です。また、...

≫続きを読む

 

内野ゴロの処理

内野のゴロの処理が上手く出来ていますか?ゴロの処理は、一連の動作から捕球し送球まで上手く行うにはノックなどの反復練習が不可欠で、それぞれのリズムを体に覚え込ませ確実にさばけるようになることが大切ですね。ゴロにも正面に転がってくるもの、クラブ側、クラブの反対側、ショートバウンド、イレギュラーバウンドな...

≫続きを読む

 

二遊間の守備

二遊間の守備が上手く出来ていますか?特にランナーが1塁にいる場合、二遊間にボールが転がってきた時には、セカンドとショートのコンビネーション(連携プレイ)が大切になります。例えば、ランナーが1塁にいて、ショートがゴロを捕球した場合には、ダブルプレイ(ゲッツー)を狙うことができますね。ショートがセカンド...

≫続きを読む

 

ファーストの守備(捕球)

ファーストの守備(捕球)が上手く出来ていますか?ファーストの主な役割は、野手からの送球を受け止めバッターやランナーをアウトにすることですね。その為には野手に安心感を与える確実な捕球をすることが大切です。そして、野手が安心して投げやすいように、体の正面を向けて腕を伸ばしてしっかり捕球するようにします。...

≫続きを読む

 

外野フライの追い方(捕球)

外野フライの追い方(捕球)には、右側に飛んできた時と、左側に飛んできた時で追い方が違いますね。上手く捕球するには、打球の落下点を瞬時に判断し、素早くその地点に移動することです。そして、その中でも特に難しいのが右後方と左後方に飛んだフライの追い方ではないでしょうか。飛んでくるフライの目測を誤り判断を間...

≫続きを読む

 

外野ゴロのキャッチ

外野ゴロのキャッチが上手く出来ていますか?外野手の基本の構え方は、内野手に比べて腰を高くして、体重を足のつま先にかけて体の力を抜いて構え、打球に備えます。そして、外野ゴロで大切なのは後ろにボールを絶対にそらさないでキャッチすることです。後ろには誰もいないので、ボールをそらしてしまうと長打になってしま...

≫続きを読む

 

内野手のバント処理

バント処理が上手く出来ていますか?ソフトボールでは、ファーストとサードのバント処理はとても重要ですね。ファーストは、バッターがバントの構えをとったら、素早く前進しバッターに圧力をかけるようにします。また、サードもファーストと同じようにバントの場合は、大きく前進し打球をとってスローイングします。ランナ...

≫続きを読む

 

ジャンピングスローのやり方

ジャンピングスローが上手く出来ますか?内野手はバントやゆるいゴロなどは全力で前に行き、そのままの勢いを保ってスローイングしないと間に合わないことがありますね。通常、ゆるいボールを追って前に全力で行くと、腰が高い状態でキャッチするようになりますが、このような場合でも可能な限り、体の左側でボールを片手で...

≫続きを読む

 

外野手のバックホーム

外野からバックホームはどのようにしていますか?外野手のバックホームのボールは、山なりに投げるのではなく、ホームベースまで速い鋭いボールをワンバウンドで届くようにするのが理想と言われています。たいていは、味方の内野手がボールのカットにホーム直線上に入っているので、その顔の高さを目標に素早く速い返球をす...

≫続きを読む

 

基本のベースランニング

確実に塁を狙うベースランニングの走り方が出来ていますか?ベースランニングは、駆け抜けると回りこむようにするの2つが基本になります。一つでも先の塁を狙うには、その状況に応じた走塁技術である走り方と判断力が必要になります。例えばバッターの打ってからの走り方一つとっても、内野ゴローを打った時と外野に打った...

≫続きを読む

 

サードの守備のコツ

ソフトボールでのサードの守備が上手く出来ていますか?バッターとの距離が一番近いサードは、右バッターが引っ張って強い打球が飛んでくることが多いので、ボールに向かって行くという気持ちと、どんなボールに対してもすぐに対応できる反射神経も必要になってきますね。特にソフトボールでは、セーフティバントなどをされ...

≫続きを読む

 

ショートの守備(守り方)

ショートをしっかり守ることが出来ていますか?ショートは深い位置を守るのでそれだけ処理する打球が多いうえに、ゲッツーや中継プレーなど、多岐にわたる様々なプレーに関係してくる内野の守備の要とも言える大切なポジションですね。その為、ショートの守備(守り方)で求められるのは、状況に応じて動ける軽快なフットワ...

≫続きを読む

 

セカンドの守備のコツ

セカンドの守備が上手く出来ていますか?内野の中心を守り、最も守備範囲が広いポジションを守らなければならないセカンドは、周りを見渡せる冷静な判断力や、軽快なフットワークが必要ですね。打者のスイングなど見て、外野の守備位置を指示をしたり、一塁ランナーの動きを見て、盗塁しそうならサインを出して内野手に知ら...

≫続きを読む

 

レフトの守備

ソフトボールでのレフトの守備で大切なのは、手堅い堅実なプレーをすることですね。何よりレフトは外野の中でも、右バッターが引っ張つた強い打球が多いものです。その為、前後左右に飛んでくるボールに対して軽快に動けるフットワークが必要ですし、ゴロやフライなどの手堅い捕球技術も欠かせません。特にランナーが一塁に...

≫続きを読む

 

外野フライの捕球の基本

外野フライをしっかり捕球することが出来ていますか?信頼される外野手になるには、外野に打たれたフライを確実に捕ることですね。そして、フライ捕球は顔の前で捕るのが基本で、肘と膝を柔らかく使って両手で捕るようにし、ボールの落下地点になるべく早く入るようにします。この時に気をつけたいのは、グラブを早くに顔の...

≫続きを読む

 

センターの守備

センターの守備がしっかり出来ていますか?外野の中心を守るセンターは、守備範囲が最も広いので、どんな打球にも追いつける足の速さが必要になりますね。その他にも、自分の守備範囲はもちろんのこと、ライトやレフトへの打球に対してもバックアップに全力で行くことを怠らないようにしましょう。また、センターは自分の守...

≫続きを読む

 

ランダウンプレイのコツ

ランダウンプレイがしっかり出来ていますか?ランダウンプレイというのは、2人の野手で塁間にランナーが飛び出した時に、はさみうちにしながら追いつめてアウトをとるプレイです。ソフトボールでの無駄な失点を防ぎ、試合で有利に進める為にも、ランダウンプレイもしっかり出来るようにしておくことが大切ですね。そして、...

≫続きを読む

 

内野・外野のカバーリング

カバーリングをしっかり行っていますか?カバーリングは、空いているベースに野手がカバーに入ることです。その為、ランナーの進塁先には、必ずベースカバーに入る必要があるんですね。そうしないと、ランナーにたやすく進塁を許してしまいかねません。また、カバーリングはピッチャーやキャッチャーを含めた内野手はもちろ...

≫続きを読む

 

肘を痛めない送球をする為の練習法

スローングなどの送球で、肘を痛めていませんか?スローイング基本はオーバースロでの投げ方ですが、女性はこの投げ方が不得意な傾向が高いように思います。特にソフトボールでの送球で良く見られる間違いに、肘が下ってしまうことでしょう。この肘が下った悪い送球フォームで投げてしまう癖がついてしまうと、肘などを痛め...

≫続きを読む

 

ピックオフプレーでランナーをだまそう!

ピックオフプレーを行っていますか?ソフトボールで、ピッチャーやキャッチャーが野手としめし合わせてランナーをだまし、意識的に塁からつり出してアウトを狙うのがピックオフプレーですね。例えば、ランナーが一塁にいる時に、ファーストがバントシフトをとって前に大きく前進すれば、ランナーは安心して離塁を大きくする...

≫続きを読む

 

左のゴロを右に送球するコツ

ソフトボールの内野手で左のゴロを右にスムーズに送球することが出来ていますか?右への送球は上手くできるが、意外と左への送球が乱れて悪送球をてしまうという人も少なくありませんね。これを防ぐには、右利きの選手が右へ送球する際には、捕球の体勢はもちろんですが、送球する方向にしっかり体を回転させる動作が必要に...

≫続きを読む

 

捕球してからスムーズに送球するコツ

ゴロを捕球してからの送球がスムーズに出来ていますか?ソフトボールで内野手をやっている選手で、ゴロやフライ捕球後の動作と送球動作が流れるように繋げられないという人も多いのではないでしょか。そういう人はグラブと両足で三角形を作り、反対の手はグラブに添えるゴロを捕球する基本姿勢に、動きをつけるようにすると...

≫続きを読む

 

三塁ゴロではダブルプレーを無理に狙わない

サードの守備で一死一塁三塁、もしくは満塁の場合、三塁ゴロがきたらどのようにしますか?野球ならダブルプレーを狙うでしょうが、ソフトボールでは、まずは三塁走者をアウトにすることを考える必要がありますね。その為、このような場合には、三塁ゴロではダブルプレーを無理に狙わないほうが良いでしょう。その理由として...

≫続きを読む

 

ショートのベースカバー

ソフトボールのショート(遊撃手)は、守備範囲が広く様々な複雑なプレーを求められますね。その中でも疎かに出来ないのがベースカバーです。例えば、無死もしくは一死でランナーが一塁にいる場合で、二塁に盗塁を試みた際には、セカンドのベースカバーを行うのはショートの役目になります。野球では、通常バッターが右なら...

≫続きを読む

 

カットプレーのやり方

カットプレーが上手く出来ますか?バックホームや外野からのサードへの送球を野手が途中で捕球してカットし、改めて送球して進塁を狙うランナーをアウトにしたり、進塁してくる他の走者を牽制したりするのがカットプレーですね。カットに入る野手は、ランナーの足の速さや送球の精度などを考え、カットに入らないほうがアウ...

≫続きを読む

 

サードの守備位置

サードの守備位置はどのようにしていますか?ソフトボールの通常のサード 守備位置は、ラインから1〜2歩内側で、二、三塁を結ぶ1〜2m前あたりで守りますが、左バッターは右バッターよりも2、3歩速く一塁ベースに到達することが出来ます。中には右利きなのに、打つ時だけ左打席に入るという選手もいますが、これはソ...

≫続きを読む

 

捕手(キャッチャー)の守備

捕手(キャッチャー)は、ソフトボールでの守備の要とも言える重要なポジションですね。そして、走者が塁上にいる時は打者のバントと盗塁を警戒しながら構えて守備につかなければいけません。その為、構え方はランナーが塁上にいる時と殆ど変りはありませんが、体重を少し右足に乗せて腰を少し浮かせて待つようにすると良い...

≫続きを読む

 

セカンドのゲッツー

4−6−3のゲッツーが上手く出来ていますか?二遊間のプレーで良く見るのは、、無死か一死でランナーが一塁にいた時に、二塁手の手前や1、2塁間への強いゴロをセカンドが捕球して、セカンドベースカバーに入っているショートに素早く送球をし、それをファーストに送るゲッツー(ダブルプレー)ですね。この時の2塁手の...

≫続きを読む

 

外野手の送球について

ソフトボールで失点を防ぐには、外野手の送球がとても大切になりますね。と言うのも、外野手の捕球から送球までが速く正確ならば、ランナーの足を止め進塁を防ぐことが出来るようになるからです。そして、外野手の送球の基本は、打者走者の前に投げることす。例えば、レフト前、もしくはセンター前にヒットを打たれたら、そ...

≫続きを読む

 

捕球から送球のステップの練習

ソフトボールの守備に大切になる、送球する際のステップが上手く出来ていますか?実践での捕球から送球へのステップ(フットワーク)は、自分のタイミングや野手との連携に応じて歩数を変えて、クイックスローで素早く行うことがポイントになります。3歩送球は、左足を判歩踏み出してボールをキャッチ後、右足、左足とステ...

≫続きを読む

 

ゴロの捕球は前足の右横で!

内野ゴロを体の正面で捕球していませんか?以前のソフトボールや野球の本などには、ゴロの捕球は必ず身体の正面で足を揃えて捕れれと書いてあるものが多くありました。ですが、この方法ではボールを捕球後に更に一歩踏み出して送球しなければならない為、それだけ遅くなってしまいます。その為、右利きの選手のゴロの捕球は...

≫続きを読む

 

ショートの送球

ソフトボールのショートは、セカンドとともに守備範囲が広く、様々な複雑なプレーを求められます。その為、ボールさばきが上手く、状況判断に優れた選手が向いていると思います。更に、一塁や本塁から遠いことから肩の強さも必要になります。基本的には、二塁ベースを挟みセカンドと対称になる位置がおおよその定位置になり...

≫続きを読む

 

ショートのダブルプレーのベースの入り方

ソフトボールでショートが絡むダブルプレーというのは、一塁手、2塁手、もしくはピッチャーやキャッチャーからの送球を二塁ベース上で捕って、ファーストに送るものが殆どですね。そんなショートのダブルプレーは、リズムが大切になるので、タイミングよく二塁に入ることが大切で、それが一塁手や二塁手などからの好送球を...

≫続きを読む

 

セカンドのダブルプレーの送球

セカンドのダブルプレーの送球(スローイング)が上手くできていますか?二塁手がダブルプレーをする時というのは、他の内野手、もしくは捕手や投手から送られてきたボールを捕って、一塁に転送するといった場合です。その中でもサード方向への打球のダブルプレーは、ショートではなくセカンドが二塁ベースカバーに入るのが...

≫続きを読む

 
 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集