送球の基本 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

送球の基本

ソフトボールなど野球の送球の基本は、オーバースローと言われていますね。

 

 

このオーバースローは、腕を後ろに引いて肘が肩より下がらないようにして投げます。
腕を鞭のようにしならせながら振り下ろして、手首のスナップを利かせるのが大事です。

 

 

ですが、目標までの距離が短い時やダブルプレーを狙って捕球して素早く投げたい時は、サイドスローの送球が有効です。
サイドスローの投げ方、送球のポイントは肘を下に向けずに腕を地面と平行にして腕を鞭のようにしならせながら送球します。

 

 

オーバースローのように腕を上に振り被らないだけ素早く送球が出来ますが、投げる時に手首のスナップを効かせないと早い球がなげられません。
また、送球の際に、体が投げる方向に早く向きすぎてしまうと力のあるボールが投げられないので、右足で踏ん張ってタメを作って、腰の回転を使って投げるようにすると、勢いのある力の乗った球が投げられます。

 

 

内野手はゴロの処理なども多く各塁に送球することが必要なので、サイドスローの投げ方を確実にマスターし、コントロールよく早い球が投げられるように練習しておく必要があります。

 

 

送球をコントロールするには、腕の位置や右肩の位置が大切です。体のどの位置まで腕を振るか、 右肩はどこに意識するのか?
また、スピードのある球を投げるための重心の使い方を教えます!

 

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集