外野フライの捕球 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

外野フライの捕球の基本

外野フライをしっかり捕球することが出来ていますか?
信頼される外野手になるには、外野に打たれたフライを確実に捕ることですね。

 

 

そして、フライ捕球は顔の前で捕るのが基本で、肘と膝を柔らかく使って両手で捕るようにし、ボールの落下地点になるべく早く入るようにします。
この時に気をつけたいのは、グラブを早くに顔の前に出してしまうと、フライの急な変化に対応できずにボール見失しかねないので注意しましょう。

 

 

また、1本のヒットで走者が本塁に生還できる二塁、もしくは三塁のスコアリングポジションにランナーいる時は、タッチアップの可能性もあるので、ランナーがいるかいないかでフライの捕球の仕方も変わってきます。

 

 

その為、外野手のバックホームなど、ランナーがタッチアップがある時は後ろから助走をつけて、前に走りながらフライを捕球するようにしたほうが良いでしょう。
そして、スロイングを早くするために、素早く小さく高く跳び上がるようにステップして送球します。

 

 

いずれにしても、ピッチャーが投球に入る前にアウトカウントなど現在の状況を再確認して、フライが上がったらどのように捕球して、どこに投げるべきか常に頭に入れておくようにしましょう。

 

 

なお、外野手が打球の目測を誤ってフライの落下地点がわからないようでは、信頼される外野手にはなれないので、できるだけ多くの外野ノックを受けて、ボールの落下点を予測出来るようにしっかり練習することが大切です。

 

 

フライキャッチのコツをお教えします!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集