センター 守備 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

センターの守備

センターの守備がしっかり出来ていますか?
外野の中心を守るセンターは、守備範囲が最も広いので、どんな打球にも追いつける足の速さが必要になりますね。

 

 

その他にも、自分の守備範囲はもちろんのこと、ライトやレフトへの打球に対してもバックアップに全力で行くことを怠らないようにしましょう。

 

 

また、センターは自分の守備範囲のフライだと判断したら、落下地点に素早く行くことが大切ですが、ライトやレフトと守備範囲が重なってどちらが捕るか迷う場合も多いので、そうした時は積極的に声を出しあって、お見合いしたり衝突しないようにすることも大切です。

 

 

そして、外野手で後ろにそらすことは最もしてはいけないプレーですが、ライナー性の打球などがショートバウンドになって、バウンドが合わないような時でも、可能なかぎり打球の正面に入って体でボールを止めて、後ろに反らさないようにしたいですね。

 

 

逆に前方に高く上がったフライは、後ろに反らすことが少ないので、間に合わないと思っても、諦めずに前にダッシュして地面にクラブを平行になるように出して、すくうように捕ればクラブに入ることもあるので、最後まで諦めないことです。

 

 

更に、ボールが飛んだ方向やランナーによっても様々なケースがありますが、バントシフトなどでセカンドとショートが1塁と3塁のベースカーバーに向かう時は、センターが基本的に2塁のベースカバーに入るようになるので、2塁ベースを常に意識しておくと良いでしょう。

 

 

バッティング・守備・走塁の3拍子揃った選手になれる上達法

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集