ピックオフプレー ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ピックオフプレーでランナーをだまそう!

ピックオフプレーを行っていますか?
ソフトボールで、ピッチャーやキャッチャーが野手としめし合わせてランナーをだまし、意識的に塁からつり出してアウトを狙うのがピックオフプレーですね。

 

 

例えば、ランナーが一塁にいる時に、ファーストがバントシフトをとって前に大きく前進すれば、ランナーは安心して離塁を大きくするので、その隙にライトやセカンドが背後から一塁に入りランナーをタッチするのです。

 

 

また、ランナーが三塁にいる時にも同じように出来ますね。
バントシフトで投球後サードが大きく前進して、それを見た三塁ランナーは大きく離塁するので、そこを狙って背後からレフトやショートが三塁に入ってタッチ。

 

 

更に投球と同時にサードとファーストが思い切り前進し、ショートは定位置から動かないようにしておき、それにつられて3塁ランナーは離塁を大きくとったところを、背後からレフトがベースに入りタッチします

 

 

その他にも、二塁ランナーをピックオフプレーでアウトを狙うなら、ピッチャーの投球後もショートとセカンドは二塁に行かず、ベースから離れる動きをします。
それを見た2塁ランナーは安心して離塁を大きくしたり、塁に戻るのをゆっくりするので、その隙に背後からセンターがベースに入りタッチをします。

 

 

ただ、三塁ランナーや二塁ランナーをレフトやセンターがカバーリングして、アウトを狙う場合には、キャッチャーと呼吸が合わず三塁や二塁に入るのが遅れたりすると、送球がとれず、むざむざ相手に得点を与えてしまいかねないので、日頃の練習から、そのあたりの呼吸を合わせるようにしておくことが大切です。

 

 

また、キャッチャーの素早い送球もピックオフプレーの成功のポイントになるでしょう。

 

 

守備に苦手意識がある方も上達するコツや考え方が分かります!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集