三塁ゴロ ダブルプレー ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

三塁ゴロではダブルプレーを無理に狙わない

サードの守備で一死一塁三塁、もしくは満塁の場合、三塁ゴロがきたらどのようにしますか?
野球ならダブルプレーを狙うでしょうが、ソフトボールでは、まずは三塁走者をアウトにすることを考える必要がありますね。

 

 

その為、このような場合には、三塁ゴロではダブルプレーを無理に狙わないほうが良いでしょう。
その理由としては、野球に比べてソフトボールは塁間が狭いので、野球ほどダブルプレーでアウトをとるのが簡単ではないからです。

 

 

これで上手くダブルプレーが取れなかったとしたら、三塁走者を悠々と本塁に戻してしまうことになります
このようなケースでは、三塁手は前進守備をせず、定位置で守ることです。

 

 

また、ランナーが一塁三塁の時は、攻撃側にとってダブルスチールを行うまたとない機会なので、一塁ランナーは二塁手やキャッチャーの動きを見ながら、単独で盗塁をしてくることが考えれます。

 

 

そうした時に、三塁手が進塁状況を見ているだけだと、サードランナーも三塁手の近くまで離塁してくるようになります。そして、キャッチャーが二塁に送球すると、サードランナーはその隙を狙って本塁に突入してしまいます。

 

 

したがって、三塁手がやるべきことは、いち早くサードベースに戻り三塁ランナーを釘付けにし、本塁に走らせないようにプレーすることが大切です。

 

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

今なら練習法、お悩みなど、ご相談をお受けいたします!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集