ショート 送球 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ショートのキャッチングと送球

ソフトボールのショートは、セカンドとともに守備範囲が広く、様々な複雑なプレーを求められます。
その為、ボールさばきが上手く、状況判断に優れた選手が向いていると思います。
更に、一塁や本塁から遠いことから肩の強さも必要になります。

 

ショート

 

基本的には、二塁ベースを挟みセカンドと対称になる位置がおおよその定位置になりますが、深さはバッターの打力に応じて変え、左バッターの時は、打者の癖や試合状況などから、二塁よりか三塁よりに守るようになると思います。

 

 

特にしっかり練習しておきたいのが、深い打球の処理です。
送球はオーバースローになり、構えた状態から左足が右足を追い越して、その足で地面を強くけって右側に大きく素早く移動するクロスオーバーステップでスタートします。

 

 

そして、捕球をしたら体重を右足にかけ、足を大きく開いて上体を起こし、左足の先を一塁方向に向け送球します。
二塁へは、左足を投げる方向に踏み出して、横方向からボールを離すサイドスローで構いません。

 

 

いずれにしても、前後左右に色々な打球が飛んでくるので、時にはダイビングキャッチ、ランニングスロー、ジャンピングスローなど高度な技術を駆使しなければなならない場面も出てくるので、キャッチングと送球のやり方は、しつかり身につけておくといいですね。

 

 

DVDの中身を見てみる >>

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集