リードオフ やり方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

リードオフのやり方

リードオフがしっかり出来ていますか?
ソフトボールのルールでは、ボールがピッチャーの手から離れる前に塁を離れるとアウトになることから、如何に早く次の塁に向けてスタートを切るかがランナーにとって重要なポインになりますね。

 

 

その為、ランナーは投球と同時に早くスタートを切る為の準備をしておく必要があります。
そして、その準備となるベース上での構えから、投球後に塁から離れてリードすることがリードオフと言います。

 

 

このリードオフのベース上の構えには、軸足を前にしたり、後ろにするパターンなどのいくつかのやり方がありますが、まずは左足をベースにかけてそれを軸足にして、少し右足を引いて構えるスタート方法からマスターすると良いです。

 

 

このやり方なら投手の手からボールが離れる前にスタート動作に入れるので、それだけ早く次の塁に向かうことが出来るからです。
ピッチャーの投球フォームと同時に右足を前に出すことで、いち早く始動でき、左足はベースに残っているのでアウトになることもありません。

 

 

そして、ボールがピッチャーの手から離れた瞬間に、軸足の左足でベースのヘリを蹴って、勢いよくスタートします。
ランナーは自分のリード出来る距離まで行ったら、バッターの方に体の向きを変えて、投球や打球などの状況を見て進塁するか、元の塁に戻るかを判断しましょう。

 

 

ソフトボールで万能選手になる為のバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集