離塁 走り出し ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

離塁での走り出しのコツ

離塁において、スタートダッシュが切れる走り出しのコツをご存じですか?
例えば、盗塁は投手のピッチングモーションを盗むことも大切ですが、スタートを切ると同時に如何に速くトップスピードに持っていくかも盗塁をはじめとした離塁が成功するポイントですね。

 

 

そんなスタートが得意になる離塁での走り出しのコツとしては、手のひらを上に向けて構え、手首を返しながら後ろに引く手首の使い方をすると、スタートダッシュががしやすくなります。

 

 

これは手首をひねることで腕が抜けやすくなることで、スタートダッシュがしやすくなり、トップスピードに持っていきやすくなるのです。
これは私が先輩に教えてもらった方法で、手首をひねらずに普通にスタートした時と比べてみると、その違いが分かる筈です。

 

 

実際に手首をひねってスタートすると、走り出しの1歩目から力がグッと入って地面を強く蹴れて、スピードに乗りやすいことを実感できるでしょう。

 

 

いずれにしても、離塁での走り出しの1歩目が遅いのは致命傷なので、スタートが苦手な人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

走塁のセンスを上げたい方必見!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集