ベースコーチ 役割 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ベースコーチの役割

ソフトボールでもベースコーチの役割は大切になりますね。
一塁と三塁ベース脇にあるコーチボックスに入って、走塁の手助けをしますが、特に大切になるのが三塁ベースコーチです。

 

 

例えば、走者が二塁にいて、ヒットが出た時には三塁を回って本塁に走り込むのか、それとも止まるのかの判断は走者には出来ません。
その為、三塁ベースコーチが変わって状況を判断し、的確な指示を与えるという大切な役割があるからです。

 

 

回りこませる時には、腕をぐるぐる回し、止める時には両腕を広げてストップをかけたりと、ハッキリわかるように大きなアクションで指示を出します。
その際の正確な判断をする為には、外野が捕球した位置はもちろん、相手の外野の肩の強さなどを、試合前のノックなどを事前に見ておき把握しておく必要があります。

 

 

また、回り込みスライディングのやり方のところでも少しふれましたが、ネクストバッターにもベースコーチのと同じように走者に指示を出す場面があります。

 

 

走者が二塁や三塁でヒットが出た時に、ホームベースの後ろに立って、ランナーコーチャーの代わりになって外野からのバックホームとキャッチャーの体勢を見ながら、走者が生還できるように、滑り込む方向を伝える必要があるのです。

 

 

つまり、本塁に突入してくる走者に最後の指示を出すのはネクストバッターということです。
手を大きく使って回り込んでスライディングするのか、真っ直ぐに滑り込んだほうがいいのかなど、はっきり分かるように指示を出すようにしましょう。

 

 

映像での分かりやすい解説とメールサポートで今より格段にレベルアップしたい方へ

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集