キャッチボール ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

キャッチボール

キャッチボールは、ソフトボールの守備において送球などの全てに通じる基礎となる基本的なものになりますね。

 

 

キャッチボールを行う上で大切な構え方は、自由に動ける半身になって構えるようにしましょう
ボクサーが身構えるファイティングポーズような左足を前に少し出し構えると、どこにボールがきても動きやすいです。

 

 

そして、相手が投げるリリースする瞬間を見るようにすると、ある程度先回りしてボールがどのあたりのくるのか予想をつけて動くことが出来、タイミングよく捕球することが出来るようになります。

 

 

これは、バッティングでも同じことが言え、ピッチャーの投げる瞬間のリリースを見るのはタイミングを計り打つ上でも大切ですね。

 

 

また、キャツチボールでコントロールを定めるには、相手の顔をめがけて投げます。ですが、狙ったところにボールを投げることが出来ないと言う場合は、手先だけを使って投げている場合が殆どです。

 

 

肘が曲がった状態から肩を軸にして肘が上がりきったところで後ろから前に腕を振りぬくようにしましょう。また、ノーバウンドやワンバンでの遠投を日々の練習にとりいれると合理的な体の使い方も覚えられるので良いかもしれません。

 

 

なお、基本的なボールの握り方は、人差し指、中指、親指の3本を使い、ボールの縫い目に指をかけて手の平にボールをつけないようにします。
また、手の小さい選手の場合は、5本の指を使い、ボールを手の平につけないようにして握ります。

 

 

正しいフォームから腕のスイング時に注意するポイント、スピードのある球を投げる重心の使い方など送球のコツを伝授!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集