ショートの守備 守り方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ショートの守備(守り方)

ショートをしっかり守ることが出来ていますか?
ショートは深い位置を守るのでそれだけ処理する打球が多いうえに、ゲッツーや中継プレーなど、多岐にわたる様々なプレーに関係してくる内野の守備の要とも言える大切なポジションですね。

 

 

その為、ショートの守備(守り方)で求められるのは、状況に応じて動ける軽快なフットワークなどの俊敏性や強い肩も必要になってくるでしよう。
特にダブルプレーや2塁盗塁を阻止をする時などは、セカンドとの連携をとり素早く対応しなければいけません。

 

 

また、外野へのレフト方向に飛んだ打球に対しては、ショートが中継プレーに加わることが増えることから、自分の存在を外野に大きな声で知らせ、返球を受けたら素早くしかるべき所に送球出来るような判断力も必要です。

 

 

更にショートは、ボールを遠くまで投げられるオーバースローや、素早く投げられるサイドスローなどのスローイングを状況に応じて使いわけなければいけません。

 

 

例えば、三遊間の深いゴロがきたら、はじめの一歩目はクロスステップで素早く移動して、出来るだけ体の正面でボールを捕り、体勢を整えてからスローイングします。この時に、軸足に重心をかけてオーバースローで投げることで力強い速いボールが投げられます。

 

 

また、4−6−3のゲッツ(ダブルプレー)は、セカンドからの送球を受けて、ショートが如何に早い動作でファーストに投げるかがポイントになってきます。
したがって、セカンドに合わせてベースに入ったら、ボールを受けながらベースの後ろの角を踏みながら後方にステップして素早くサイドスローでスロイングします。

 

 

このように、ショートはスローイングの仕方も状況に応じて使い分けないといけないので、両方の投げ方が出来るようにしっかりマスターして、内野の守備の要となれるように堅実な守り方が出来るようになりましょう。

 

 

セカンドとショートの絶妙な連携から肩を壊さない送球のコツをお教えします!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集