送球 ステップ ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

捕球から送球のステップの練習

ソフトボールの守備に大切になる、送球する際のステップが上手く出来ていますか?
実践での捕球から送球へのステップ(フットワーク)は、自分のタイミングや野手との連携に応じて歩数を変えて、クイックスローで素早く行うことがポイントになります。

 

 

3歩送球は、左足を判歩踏み出してボールをキャッチ後、右足、左足とステップして送球をします。
この時には膝を曲げて姿勢を低くし、常に素早く動けるように構えます。
捕球する時には、ボールに体を寄せ、出来るだけ目を近づけながら体の前の利き腕側でキャッチします。

 

 

そして、捕球したらすぐに、素早くボールを掴み利き腕側の肩に引きつけ、腰と肘で前腕をリードして相手が受けやすいボールを投げます。
このように捕る動作と投げる動作を一連の流れで素早く一緒に行うようにしなければいけません。

 

 

間があいた分だけランナーは走ってしまうからです。
また、2歩送球は、右足を半歩前に出しながら捕球後に、左足を1歩ステップして送球します。

 

 

更に、左足を軸にして右足を前に出しながらジャンプして捕球後、右足を着地し、左足をステップして送球するやり方もあります。
そして、この捕球から送球のステップの練習は、頭より低いキャッチボールで感覚を掴むと良いですね。

 

 

キャッチボールは、肩慣らしに終始するのではなく、最初は大きなモーションで投げるようにしますが、実戦に即して行うことが上達の近道です。

 

 

この佐藤理恵監修のソフトボール上達革命DVDでは、捕球と送球をミックスさせたキャッチボールの基本のやり方、無駄を省いて素早く投げる為のクイックスローのやり方や練習方法も学べます。
これは守備の際に不可欠な技術になるので、この機会にしっかりマスターしましょう。

 

素早く送球するクイックスローを得意にする練習方法をお教えします!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集