ジャンピングスローのやり方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ジャンピングスローのやり方

ジャンピングスローが上手く出来ますか?
内野手はバントやゆるいゴロなどは全力で前に行き、そのままの勢いを保ってスローイングしないと間に合わないことがありますね。

 

 

通常、ゆるいボールを追って前に全力で行くと、腰が高い状態でキャッチするようになりますが、このような場合でも可能な限り、体の左側でボールを片手でキャッチします。

 

 

そして、捕球したらグラブを返して、利き手にボールを持ちかえます。
送球方向が決まったら、ジャンプしながら送球方向に体をひねり、バックスイングは大きくとらないようにしてスナップを利かせてスロイングします。

 

 

この時に、つま先に体重をかけるようにします。そうしないと顎があがってしまいボールコントロールがしずらくなります。

 

 

そして、送球後のフォロースルも大きくとり、着地のバランスを崩さないように気をつけて地面に下ります。
この時に着地が悪いと捻挫などの怪我をしやすいので気をつけるようにしましょう。

 

 

特に3塁手などは、このような状況も比較的多いので、ジャンピングスローが上手く出来るように練習をしておくと良いでしょう。

 

 

ジャンピングスローのコツが学べます!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集