二遊間の守備 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

二遊間の守備

二遊間の守備が上手く出来ていますか?

 

 

特にランナーが1塁にいる場合、二遊間にボールが転がってきた時には、セカンドとショートのコンビネーション(連携プレイ)が大切になります。

 

 

例えば、ランナーが1塁にいて、ショートがゴロを捕球した場合には、ダブルプレイ(ゲッツー)を狙うことができますね。ショートがセカンドにボールを送球し、セカンドがファーストへボールを送るケースでは、何より連携が流れるように上手くいかなければランナーもバッターもアウトには出来ません。

 

 

このようなケースには、セカンドはショートの動きを見ながらボールのタイミングに合わせて2塁ベースに入ります。(ベースにつける足は左右どちらでも構いません。)
ショートはボールを捕球するのと同時に左足に体重移動し、セカンドまでの距離に合わせて下手投げやトスで2塁に送球します。

 

 

セカンドは、ボールを捕球したと同時に2塁ベースを蹴るように後ろにステップして1塁に送球します。(1塁が明らかに間に合わない場合は無理して投げる必要はありません。)

 

 

また、ショートが2塁ベースの近くでゴロを捕球した場合に、トスをせずに直接ベースをショートが踏んで1塁に送球した方が早い場合もあるので、臨機応変にやることも大切です。

 

 

一方、同じ状況で、セカンドよりに強いボールが転がってきたときは、セカンドがショートへ送球し、2塁ベースを踏んだショートが素早く1塁にボールを送りダブルプレイを狙います。

 

 

ですが、ソフトボールは野球と違い塁間が近いので2塁で確実にアウトをとることを最優先にしましょう。
セカンドは、ショートの動きを見てタイミングよく送球し、ショートはボールを捕球と同時に右足でセンターよりのベースの角を踏み、後ろにステップし左足を1塁方向に踏み出し素早く腰の回転を使って投げます。

 

 

また、フォースプレイ(封殺)はランナーにタッチしなくてもベースに触れるだけでアウトにすることが出来るので、ボールが来る方向に出来るだけ体を伸ばし捕るようにすると良いでしょう。

 

 

この佐藤理恵監修のソフトボール上達革命DVDでは、ショートの守り方から二遊間にボールが飛んできた時の連携や、ゲッツーを狙う時について分かりやすく解説してあります。

 

ソフトボールで万能選手になる為のバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集