セカンドのダブルプレー 送球 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

セカンドのダブルプレーの送球

セカンドのダブルプレーの送球(スローイング)が上手くできていますか?
二塁手がダブルプレーをする時というのは、他の内野手、もしくは捕手や投手から送られてきたボールを捕って、一塁に転送するといった場合です。

 

ダブルプレー

 

その中でもサード方向への打球のダブルプレーは、ショートではなくセカンドが二塁ベースカバーに入るのが基本です。
捕球して送球する際は、二塁ベース上で動きを止めてしまうと、サードからの送球を後逸したり、捕ったとしてもスローイングが遅れてしまいがちに。( ゚Д゚)

 

 

その為、二塁へのベースカバーは多少余裕をもってリズムよく捕球から送球につなげていくのが大事なのかな。
で、その際には素早いツーステップを如何に早くするかがダブルプレーを成功させるポイントでしょうね。

 

 

捕球直前に左足を前にステップして、ベースに着けていた右足を前に出しながら捕球するようにし、そのまま右足を軸にして素早く一塁に転送するようにすれば、一連の動作がスムーズになり、より早く送球出来るようになれると思います。(^-^;

 

 

ただ、他の内野手からのボールがいつも捕りやすいボールが来るとは限りません。
三塁手からの送球は、距離的にも遠いのでシュート回転が掛かっていたりするので、ボールをよく見て捕り、ゲッツーは無理でも一塁走者の封殺は必ず行うようにしたいものです。

 

 

いずれにしても、セカンドは状況に応じたスローイングが求められます。
二遊間をセンターに抜けていくようなゴロを捕球した時は、サード側に流れていく体をストップさせて踏ん張って投げていたら間に合わないケースもあると思います。

 

 

そんな時は、そのまま振り向きざまにジャンピングスローで投げたほうが得策でしょう。
その他にもランニングスローやトスなど、状況にあった送球(スローイング)が出来るようにしっっかり身につけておきたいものですね。('ω')ノ

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集