ランダウンプレイ ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ランダウンプレイのコツ

ランダウンプレイがしっかり出来ていますか?
ランダウンプレイというのは、2人の野手で塁間にランナーが飛び出した時に、はさみうちにしながら追いつめてアウトをとるプレイです。

 

 

ソフトボールでの無駄な失点を防ぎ、試合で有利に進める為にも、ランダウンプレイもしっかり出来るようにしておくことが大切ですね。
そして、ランナーを追い詰める時のランダウンプレイのコツは、出来るだけランナーが進塁する方向とは反対の塁に追い詰めるようにすることです。

 

 

例えば、3塁ランナーが塁間に飛び出している場合なら、サードベース方向に追いつめた方が良いので、無理して本塁方向には深追いしない方が良いです。
キャッチャーはボールを受けたら、じわじわとランナーを3塁に追いつめていき、ショートは3塁のベースカバーに入ります。

 

 

また、この時に気をつけたいのは、ボールを持っていない野手が走者の進路をふさいでしまうと、進塁妨害の反則を取られてしまうので、野手は送球したらランナーの進むコースをあけるようにしましょう。

 

 

更に、ランナーが2人以上いるケースなら、野手間のボールのやりとりを出来るだけ少なくすることが大切です。
例えばランナー1・3塁の場合に、1塁ランナーが飛び出した時に、このランナーをランダウンプレイでアウトにすることに時間をかけていると、3塁ランナーに本塁に行くチャンスを与えてしまうようになります。

 

 

また、1塁に挟まれているいるランナーも、3塁ランナーの本塁突入を助けようとして、おとりのような動きをするので、惑わされないようにしましょう。
このような場合は、送球をするふりをしてランナーを追い詰めるようにします。そうすればランナーは止まるので、他の走者が離塁しても、すぐそちらに送球出来ます。

 

 

バッティング・守備・走塁の3拍子揃った選手になれる上達法

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集