守備 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

守備の重要性

キャッチボールで基本の動作を覚えたらゴロやフライなどの捕球を練習し、実践でミスを出来るだけ少なく出来るように守備(フィールディング)技術を磨く必要がありますね。

 

 

バッティングは、相手ピッチャーの出来次第で好不調がきまる部分もあり、どれだけ練習したとしても予想がつきません。
ですが、3回のうち1回でも打って結果を出せば3割以上の成績を残せ、評価してもらえます。

 

 

それに比べ、守備(フィールディング)ではそのような大きな好不調の波もありません。
フィールディングなどの守備の技術は練習すれば上達し、確実なものにすることが出来れば、誰にも左右されることなく安定したプレーが出来るようになります。

 

 

ですが、それだけ失敗を許されないのが守備(フィールディング)です。
小さなミスが守りの全体のリズムを乱しピンチを招き、大量失点に結びつくことも少なくありません。
それだけ守備(フィールディング)技術は重要です。

 

 

しかし、どんなに上手い選手でも失敗はします。
守備にはミスはつきものですが、コツを知り日々練習することでミスを少なくでき、堅実なものにすることができます。

 

 

大事な場面など、ここぞという時に緊張して体が硬くなりエラーや送球ミスなどしないようにするためには、身体が無意識に反応できるまで練習で体に覚えさせることです。
そんな短期間でバッティング・守備・走塁が上達する練習法やコツは下記から詳しくご覧になれますので参考にして下さい。

 

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集