ショートのダブルプレー ベースの入り方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ショートのダブルプレーのベースの入り方

ソフトボールでショートが絡むダブルプレーというのは、一塁手、2塁手、もしくはピッチャーやキャッチャーからの送球を二塁ベース上で捕って、ファーストに送るものが殆どですね。

 

ダブルプレー

 

そんなショートのダブルプレーは、リズムが大切になるので、タイミングよく二塁に入ることが大切で、それが一塁手や二塁手などからの好送球を生むことに繋がります。

 

 

また、その際のベースの入り方も大事なポイントです。
この時は、送球が一、二塁を繋ぐラインより内側か外側よりかでベースの入り方は変わってきます。

 

 

例えば、ラインより内側から送球を受けるような場合は、左足をショートよりのベースの角にかけるようにして、右足を少し後ろに引いて送球を待ち、捕球と同時に右足を一歩前に踏み出して、送球動作に入ります。

 

 

そして、ベース上の左足を一塁方向に踏み出して、ボールを投げるようにするといいのかなと。
一方、ライン側の外側から送球を受ける場合は、右足をベースの中央寄りの角あたりにかけ、左足をライト方向に広げて待ち、送球と同時に右足を一歩前に踏み込んで送球動作に入ります。

 

 

その後、ベース上の左足を一塁方向に踏み出して、ボールを投げるようにすれば、スムーズに一連のダブルプレーの動作が出来るようになると思います。

 

 

ただ、ショートは一塁ランナーと打者走者を連続してアウトにしょうと思うと、焦ってプレーが大雑把になることもあるので、気持ちの上では一塁走者を二塁でまず封殺し、その次に打者走者を一塁でアウトにするといった具合に、ある程度余裕をもってプレーするほうがミスも減り、上手くいきやすいように思いますよ。(^-^;

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集