ファーストの守備(捕球) ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ファーストの守備(捕球)

ファーストの守備(捕球)が上手く出来ていますか?

 

 

ファーストの主な役割は、野手からの送球を受け止めバッターやランナーをアウトにすることですね。その為には野手に安心感を与える確実な捕球をすることが大切です。

 

 

そして、野手が安心して投げやすいように、体の正面を向けて腕を伸ばしてしっかり捕球するようにします。また、審判がアウトと言うまでベースから足を離さないようにしましょう。

 

 

1塁手の捕球の基本としては、ミットを持つている方の足を送球されてくる方向に大きく踏み出して、逆の足のつま先でベースの角を踏むようにします。
また、送球がそれた場合も考えて膝をあまり伸ばしすぎないようにした方が良いでしょう。

 

 

その他の注意点としては、捕球後にクラブを大きく動かしてしまうと、ボールがミットからこぼれ落ちてしまう危険が高くなりますし、少しでも送球を早く捕球しようとして、体を反らして弓なりになってしまうとアウトのタイミングが遅くなるので気をつけましょう。

 

 

送球がそれたり、ショートバウンドなどの時は、低い体勢で重心を落として捕るのが基本になります。ボールがバウンドした直後にタイミングよくすくい上げるようにミットを動かすとうまくキャッチ出来ます。
なお、送球が大きくそれた時には、ベースから足を離してボールを捕球することを優先するようにして、堅実な守備を心がけましょう。

 

 

ソフトボールで三拍子揃った選手になれるバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集