ファースト バント処理 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵

ファーストのバント処理

ファーストのバント処理が上手く出来ていますか?
ファーストの守備は、野手からの送球を受け取ることが大部分を占めると思いますが、それだけじゃなくて左打者の強い打球を受けたり、バッターにプレッシャーをかけながらバント処理もしないといけません。

 

バント処理

 

そんなファーストのバント守備で多いのが、バントをとって一塁ベースカバーに入っているセカンドへ送球するケースでしょう。
この時のポイントは、キャッチするときにステップと同時にグラブを出しておくことだと思います。

 

 

何故なら、ステップが終わってからグラブを出してしまうと、タイミングが遅れてボールを弾いてしまうことがあるからです。

 

 

なので、一連のファーストのバント処理のやり方としては、バントされたら素早くダッシュし、キャッチャーから一塁へ投げる指示が出たら、身体を少し一塁ベースよりに開きながらキャッチします。

 

 

この時には、ボールを捕る直前のステップと同時にグラブを出しておくようにします。
そして、一塁へ素早く送球をします。
また、バントを二塁へ送球する場合は、ボールを捕る瞬間に身体を二塁方向に身体を入れ、身体を回してやるとスローイングがしやすくなるかと。

 

 

一連の流れとしては、打者がバントしたら打球に向かって素早くダッシュし、捕球体勢に入ったら、左肩を少し二塁方向に入れ、重心も左足にかけながらキャッチします。
そして、すかさず二塁へ投げる体勢に入り、身体を向けてステップを踏んで送球します。

 

 

また、ショートの二塁のベースカバーは、ファーストが前よりでバントを捕ったら、二塁ベースの前で送球を受けて一塁へスローし、後ろ寄りでファーストが捕球した時には、二塁ベースの後ろ寄りで受けるようにするといいかと思いますよ。

 

 

この機会にバント処理はもちろん、左打者の強い打球などもしっかり捕れるようにしてファーストの守備を完璧にしておくといいですね。('ω')ノ

 

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集