構え方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

構え方

ソフトボールのバッティングで最も大切なのは構え方ですね。
いいバッターは、力みのない自然な構えからバッティングフォームに入ります。構えた時から体に余計な力が入っていたり、ピッチャーに反応しにくい体勢ではいいバッティングが出来ませんし、しっかりボールが見える構え方でなければ、いくら力強いスイングしてもバットにボールがあたりません。

 

 

基本の構え方としては、両足の力を抜き軽く膝を曲げ、やや重心を低くします。
膝が突っ立ったままだと、下半身を上手く使った打ち方出来ません。
あまり背中が猫背にならないように気をつけ、全体的にリラックスし無駄な力が入らないように構えます。

 

 

あごは上がらないように引き締め、両脇と手首を締め、最短でボールを捉えるように構えるのが良いです。

 

 

また、バットは立てるのが基本です。
バットを寝かせて構えてしまうと、高めの球は比較的打ちやすいのですが、早い球に振り遅れるということがあります。

 

 

これは、あくまでソフトボールのバッティングの構え方の基本です。
打ちやすいベストな構え方は人それぞれですので、基本をベースにバットがスムーズに出やすい位置など、自分にあった構え方を練習などで様々試しながら見つけるようにしましょう。

 

 

なお、いくら構えが良くても自分に適していないバットを使っていては、打てるものも打てなくなってしまいます。
バットの選び方としては、通常は重くて長いバットは背が高くて体重がある人に向いており、軽くて短いバットは小柄で軽量な選手に適しています。

 

 

また、重すぎるのも振り遅れの原因になりますし、軽すぎるのは手打ちになってしまうので自分に適したバットを選ぶことが大切です。
更にバットのグリップの太さは、細いものはリストの強い長打者に、太いものはヒットなどの短打者に向いています。

 

 

バッティングの打ち方のコツが分かるソフトボールDVD!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集