バッティングのミートポイント ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

バッティングのミートポイント

ソフトボールのバッティングもミートポイントは大切ですね。
インコース(内角)は前足を開いたオープンスタンスで、アウトコース(外角)は前の足をホームベース方向に踏み込んだクローズドスタンス打てとよく指導されます。

 

ミートポイント

 

確かにピッチャーの投げる球がそれほど速くなければ、ゆっくりボールを見ながらステップの調整ができるので、とても参考になるでしょう。
ですが、ピッチャーが速いボールを投げてくる場合は、あまりいいとは言えないのかなと。

 

 

何故なら、ステップを調節している間に、投球がキャッチャーのミットに入ってしまうからです。
それでなくても、変化球やチェンジアップを混ぜて速いボールを投げられては、すぐにステップを変えることは難しいと思います。

 

 

で、正確な打撃を行う一つの方法として、前足のステップの位置はほぼ毎回同じにして、ミートする位置をコースによって変えるのがイイのかなと思います。
この時には、一番オーソドックスなバッターボックスに対して平行にして立つスクエアスタンスなら、どのコースにもバットが出やすいです。

 

 

内角球なら前方にしてレフト方向へ、外角球なら後ろになるようにしてライト方向、真ん中の球はセンター方向に打つのが基本と言われます。

 

 

ただ、女子の場合は外野手の頭を抜く打球は少なく、男子より前よりに守るので、打者が一、二塁間のを抜くヒット性のあたりを打っても、7〜8割くらいの確率でライトゴロにになって、打者走者は一塁でアウトになってしまいます。

 

 

その為、女子は投球がアウトコースでも、打つミートポイントをやや前にして、センター方向に打ち返すように意識したバッティングをしたほうがいいでしょうね。
ただ、試合の状況によって使い分ける必要があるのかな。(*^-^*)
合わせて「内角球と外角球の対応、流し打ち」の関連ページも読んでみてくださいね。

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集