スクイズ ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

スクイズ

ノーアウトかワンアウトで、ランナーが三塁にいるときに行う犠牲バントがスクイズですね。

 

 

当然、このような状況では相手バッテリーもスクイズを警戒して、わざと打ちにくいボール(ウエストボール)を投げてくることが多いものです。

 

 

したがって、そのような場合に備えて肘や膝の力を抜いてバットにボールを当てるようにします。そして、可能な限りピッチャーやキャッチャー、ファースト、サードの中間あたりに転がすようにします。

 

 

スクイズの基本的なやり方としては、ヒッティングの構えをとり、スクイズをするという雰囲気は出さずに、ピッチャーがボールを投げて離す体制に入る直前に、バットは立て気味にしてボールを地面に落とすイメージで確実に転がします。

 

 

スクイズの場合は、バッターはどんなボールでも飛びついてバットに必ず当ててボールを転がさなければいけません。
ランナーがスタートを切っているので、バットに当てても、それがフライになってしまうとダブルプレーになってしまうので、最悪でもファールで逃げるようにします。

 

 

その為には、ボールをカットする技術が必要です。
無理してフライを上げてしまうより、ボールをカットしてファウルに出来るバッティング技術があれば、実戦でとても役に立ちますね。

 

 

カットやり方としては、どんなコースのボールにも飛び付けるように体全体の力を抜いて構え、投球のコースに腕だけ伸ばしてバットに当てるようにするのではなく、球を良く見て体全体をボールの来るコースに持っていってバットに当てるイメージでお行うのがコツです。

 

 

なお、自分もセーフになろとして、慌ててスタートを切らないようにしましょう。

 

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集