スラップ ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

スラップ

ソフトボール特有の打ち方であるスラップが上手く出来ますか?

 

 

スラップは、ショート方向にボールを転がし、1塁に走りながら打つバッティングですね。
塁間が近いソフトボールならではの打ち方です。

 

 

当然ながら、1塁ベースに近い左バッターが有利で、足が速ければ、それだけ成功率が高くなります。
ですが、気をつけなければいけないのは、ボールがバットに当たる前にバッターボックスから出てしまうとアウトになりますので気をつけるようにしましょう。

 

 

このスラップが上手く出来るようになれば、パワーがない選手でも出塁する確率がグッと高まります。
出来るだけ左方向に深く打つことで、セーフになりやすくなりますが、その為には、左バッターで足が速く、ボールをミートする技術が必要になります。

 

 

理想を言えば、サードやショートの頭上を越えるような高いバウンドにすることです。
一塁から遠くなる分だけ、野手の送球までの時間が稼げるからです。
その為、出来るだけボールを引きつけてサードのファールラインを切ってもいいくらいな気持ちで行ってみると良いです。

 

 

やり方としては、バッターボックスの後方、キャッチャーよりのホームプレートから離れて構え、左足を踏み出してスイングを始め、インパクトと同時に右足を踏み出し、1塁に向かって走ります。
この時に、ボールをバットで叩きつけるようにして、ゴロを左方向に打ちます。

 

 

この打ち方は、試合で良く用いられ、バットにボールをミートしたら、打球を目で追わずに、一目散に1塁べースに向かい走り出すようにします。
ソフトボールは塁間が狭いので、足が早い選手や左バッターの方が有利な点が多く、スイッチヒッターになりたい方も多いと思います。

 

 

左バッターに簡単に変更できないと思われがちですが、ステップを踏んだ練習をしていけば半年ほどで、マスターできます。
左バッターになり出塁率を高めたいたい方必見の練習法とは?

 

 

バッティングの打ち方のコツが分かるソフトボールDVD!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集