プッシュバント ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

プッシュバントのコツ

プッシュバントが上手く出来ますか?
このプッシュバントは読んで字のごとく、バントの構えで1塁にスタートを切りながら、押し出すような感じでバントして、強い打球を内野の深いところに転がす打ち方ですね。

 

 

ソフトボールでは、内野手が前進守備をとることが多いので、1塁手と3塁手のわきを速い打球で抜き去ることを狙いとしたプッシュバントはとても効果的です。

 

 

また、バッターが塁に出ることを目的としているので、どちらかといえば一塁に近い左バッター向きとも言えるかもしれませんが、足に自信があるなら右バッターでももちろんやって構いません。
そんなプッシュバントのコツは、ドラックバンド(セーフティバント)と同じタイミングで行うことでしょう。

 

 

右バッターの場合なら、バッテイングの構えをとりながら足を引いてスタートをする準備をして、素早くバントの構えをとります。
そして、1塁へスタートを切りながらバットのヘッドを下げないようにして、ボールを押し出すような感じでボールを叩いてバントをします。

 

 

この時にバットのグリップエンドに近い左手は固定して、右手で押し出しようにしながら、サードもしくは、ファーストのわきへ強いゴロを転がすようにし、いち早く一塁ベースめがけてスタートを切ります。
以上が一連のプッシュバントのやり方です。

 

 

いずれにしても、バッターがバントの構えをすれば、一塁手や三塁手はセーフティバンドに備えてかなり前に出てくることから、その横を抜く強いゴロが打ちやすくなるので、プッシュバントもしっかりマスターしておくと良いでしょう。

 

 

なお、正しい努力をしていれば必ず上達することが出来るものですが、思ったようにソフトボールが上達出来ていないとしたら、どこかに問題がある筈です。
特にスポーツで気をつけたいのは、無意識にある自分の思い込みです。

 

 

当然、間違えた思い込みをしていると、望むような結果につながりません。それに気づくだけでも、状況が大きく変わってくるでしょう。

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

上達のコツを知れば誰でもレベルアップは可能です。

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集