ヒットの打ち方 ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵

ヒットの打ち方

ソフトボールでヒットがあまり打てないということはありませんか?
守備はある程度上達してきたが、バッティングがなかなか上達しないという選手も少なくありません。

 

 

そんなヒットの打ち方で大切になるのは、鋭いスイングで確実なミートが出来るようになること。

 

 

ソフトボールをはじめたばかりの人は、最初から長打を狙うというよりも、野手の間を抜くいい当たりのヒットが高い確率で打てるようになれば、おのずと2塁打や3塁打などの長打も期待できるようになってきます。

 

 

これは速い球の打ち方のところでもお伝えしましたが、脇をしめて両肘を体からあまり離さないようにし、バットが体の近くを通るラインを描くようなイメージでバットを出していくインサイドアウトのスイングを徹底し、ボールを最短距離でとらえるようにすることが大切です。

 

 

また、振り遅れず、確実にミートするためにも、テークバックを小さくして、構えた位置からバットを振り下ろすようにします。
フォロースルーも小さくして、スイングをコンパクトにして、全体的に鋭くバットを振りぬきましょう。決して大振りをしないようにして下さい。

 

 

確実にヒットを狙うバッテイングも、一発長打を狙う場合も、シャープなスイングが基本です。
そして、バッテイングのカギを握るのは、アウトコース低めのストレートとインコース高めのライズボールを如何に攻略出来るかだと思います。

 

 

ピッチャーのコントロールされたアウトコースの低めは、逆方向への流し打ち、インコース高めは上からバットを押さえるようにして、ヒットを打ちましょう。
特に高めのボールはしっかり脇を締めないとフライになるので、打つポイントをやや前にして打つことがコツです。

 

 

やはりレギュラーになるためには、守備だけではなくしっかりヒットが打てて走れるとポイントとが高いでしょうね。

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集