ヒットエンドラン バッティング ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ヒットエンドランのバッティング

ヒットエンドランでのバッテイングが上手く出来ていますか?
ヒットエンドランは、よりランナーの進塁を確実にする為に、盗塁のようにランナーが次の塁にスタートを切ったところをバッターが確実にヒッティングして、ランナーを進める攻撃方法です。

 

 

ソフトボールの試合で勝つには、とにかく得点をとらなければいけませんが、その為にはヒットエンドランのバッティングや、その際のランナーの動き方などについても覚えておくことが大切です。

 

 

例えば、アウトカウントがノーアウト、もしくはワンアウトでランナーが1塁にいる場合には、最低でも1塁ランナーを2塁に進めなけれればいけません。

 

 

その為、フライやライナーを打ってしまい野手に取られてしまえば、ランナーもすぐには戻れずダブルプレーになる可能性もあるので、ゴロを打つバッティングを心がける必要があるでしょう。
とは言え、あまり意識しすぎても、ダウンスイングでフライになってしまうこともあるので、強い当たりを打つという意識をもって打席に立つと良いです。そをするとおのずとコンパクトにバットが振れるようになると思います。

 

 

また、ノーアウト、もしくはワンアウトでランナーが1塁と3塁にいる場合は、ファーストやサードの守備位置にもよりますが、前よりに守ってくるようならスクイズよりヒットエンドランのほうが得点しやすいこともあります。

 

 

そのような場合は、ショートがサードに、セカンドがファーストにベースカバーに入ることになるので、こうした状況でベンチからヒットエンドランのサインが出たら、バッターは1・2塁間、または三遊間をを狙ったバッテイングをするのも有効ですし、前進守備のところに強い打球のゴロをうつのも効果的ですね。

 

 

また、ランナーが2・3塁のケースでは、1塁にランナーがいる時とは違い、ランナーはキャッチャーの様子などを見てスタートを切ることも大切です。バッターは出来るだけ右方向を狙ってゴロを打つように心がけると良いです。

 

 

いずれにしても、ランナーがどの塁にいようが、スタートを切っていれば、例えバッテリーがウエストボールを投げてきても絶対にバットに当てるようにしなければいけません。
その為、ボールをカットするバッティング技術を持っていることも必要です。

 

 

カットする為には力を抜いたスイングが必要になるので、リラックスして6、7分の力でボールの上面を叩くようにするのがコツです。

 

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

ファールにするカットのコツも学べます。

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集