バッティング 腰 膝 ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

バッティングの腰と膝の使い方

ソフトボールのバッティングでは腰と膝を上手く使うことが大切ですね。
「腕だけで打つな」と良く言われるものですが、これは腰がしっかり使われていない打撃フォームになっているからでしょう。

 

 

何より、打撃では腰をしっかり回転させているかいないかで、バットスイングの速さも大きく違ってきますね。
また、スイングは腰から始めるように言われるのも、バックスイングを腕だけで行うのではなく、キャッチャー方向に少し腰を捻り、その反動を利用して鋭く腰を回転させ、それにつれてバットが振れてこそ、スピードがあるスイングが出来るわけです。

 

 

また、バッターがピッチャーの投球を待つ時には、両膝を軽く曲げて、力を少し抜いて構え、投球動作に合わせて、バッターはバックスイングを始めます。

 

 

そして、投球を待つ構えからフォロースルーまで、両足の膝は大抵は曲げられていますが、ボールを打っ瞬間だけは踏み出した足が伸びきらないないといけません。
そうしないと腰を中心とした回転運動が力強く行うことが出来なくなるからです。

 

 

ですが、この時にスムーズなスイングをする為には後ろの膝が大切になってきます。
バックスイングが終わると、重心は次第に後脚から前脚に移動し、打つ瞬間に前脚の膝はしっかり伸びきって、その脚を軸にして体とバットを回転させるようになります。

 

 

ですが、この時に後ろの膝が下に落ちてしまっていては滑らかなスイングが出来なくなってしまうので、スイングの段階から、踏み込み足の内側のももに後ろ足の膝を水平に近づけるようなイメージでスイングすることが膝の使い方のコツです。

 

 

このようにソフトボールは技術性の高いスポーツなので、練習をすれば時に劇的に上達することがあります。
陸上競技の短距離走のように走るスピードというのは一気に伸びるということはあまりありませんが、打つ、投げると言う動作はコツを知ることで、それがきっかけになって飛躍的に進歩することもあるのです。

 

 

いずれにしても、打撃における腰や膝の使い方は、複雑で難しいので、お手本となる良いバッターの打撃フォームをじっくり観察するなど、その使い方を練習することが大切でしょう。

 

 

この佐藤理恵監修のくソフトボール上達革命DVDでは、打撃フォームについても映像で分かりやすくコツや注意点なども解説してあるので、しっかり取り組めば短期間で腰のしっかり入った力強いバッテイングが出来るようになれるでしょう。

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集