チェンジアップ 打ち方 ソフトボール上達革命 DVD 佐藤理恵 練習 コツ

チェンジアップの打ち方を覚える練習

チェンジアップ打ち方を覚える練習方法をご存じですか?
ソフトボールの試合では、自分の思い通りにスイングさせてもらえないことが多いものですね。

 

 

特に、チェンジアップのようにタイミングを外された時は、バッティングフォームも崩されてしまいますが、そんな時でもバットに当てる技術を身につけておくと、チャンスなどに勝負強いバッティングが出来るようになります。

 

 

そもそも速球を待っているところに、チェンジアップがくると体が開いてしまって、力が入らないスイングになってしまうものです。
その為、前足を粘らせるようにして、身体の軸だけを前に移動させて、すんでのところまで体を開かないようにして打つことがチエンジアップの打ち方のコツです。

 

 

また、軸を前に移動させる時には頭から突っ込まないようにして、膝を柔らかく使い軸をブラさないで、下半身でボールを迎えに行く意識を持って行うと良いです。

 

 

そんなチェンジアップの打ち方を覚える練習としては、ティーバッテイングが適しています。
やり方としては、ネット、そしてボールを籠に入れて準備して、練習する側はネット前に立ち、もう一人はしゃがんで籠に入っているボールを前足の膝の高さに投げます。

 

 

練習する側は、ボールが上がっている間に身体の軸を前側に移動させて、ボールが落ちる前に打つようにします。
このチェンジアップの打ち方の練習は、通常のティーバッテイングの練習をする時よりもポイントを前にして、高さは膝辺りと低めに投げるようにすることが大切です。

 

 

そして、ボールが落ちてくる間まで、身体を開かないように我慢して、寸前ですくい上げるような感じでボールをミートするように練習しましょう。

 

 

いずれにしても、チェンジアップはタイミングが崩れてもトップを保てるかで決まります。

この佐藤理恵監修のくソフトボール上達革命DVDでは、文章では分かりにくいことも、その練習方法が映像で分かりやすく解説してあるので、タイミングを外された時の打ち方をマスターして、勝負強いバッターになりたい方は参考になるでしょう。

 

チェンジアップを捕らえられない打者が見落としているポイントとは?

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集