進塁打 ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

進塁打の成功のポイント

ソフトボールではピッチャーが良い場合、1点を争う試合もあり、走者を進める進塁打(犠打)が上手いか下手かで勝敗を分けることもありますね。

 

 

例えば1番バッターがヒットを打って出塁したら、2番バッターの役割は、走者を次の塁に進めることです。
このように走者が1塁にいる時や1・2塁で、走者を進塁させる時には、サードやショートへの打球を避けて右方向に打つのが基本です。

 

 

ただ、強い打球を2塁ベース近くに打ってしまうと、二塁走者をサードで刺されてしまいますし、2塁手が走者にタッチしてから一塁に送球してダブルプレーになることもるので注意が必要です。

 

 

その為、このような時にはランナーの背後に打つようにすれば、確実に送ることが出来るので、これが進塁打の成功のポイントになります。

 

 

ただ、セカンド方向に転がすのが苦手な人は、とにかく叩きつけてボールを高く弾ませて時間を稼いで走者を進めるのも一つの方法です。
左打者ならピッチャーの投げたボールの上側を叩くようにしてセカンド方向に引っ張ってゴロを転がすことが出来れば成功します。

 

 

右打者の場合も、セカンド方向にしっかり転がすのが基本で、バットでボールを叩きつけてゴロをセカンドに捕らせるようにしましょう。

 

 

また、叩きつけるバッティングのところで述べましたが、特にバントと見せかけて、1塁手と3塁手が前に出てきたところで、ボールを叩きつけるように打てば効果的でしょう

 

 

流し打ちも自信があるならしてもいいですが、ピッチャーのボールが速いとフライになりやすいので気をつけて下さいね。健闘を祈ります!

 

 

進塁打にもなるバントヒッティングの練習方法も学べます!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集