ファールを打つ練習 ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ファールを打つ練習

ピッチャーの投球をファールにすることが出来ますか?
バッターボックスで、ツーストライクに追い込まれた際には、きわどいボールがきたら、ボールをカットしてファールで逃げる技術も必要になります。

 

 

ストライクが来たらしっかりバッを振り、きわどいボールはファールにすることで、出塁率を上げることに繋がります。
ファールを打つコツとしては、身体を逃がしてボールの内側をこずるようにバットにを当てることです。

 

 

後ろ足にしっかり重心をかけて、遅れてもフォームを崩さないようにして打つようにすることが大切です。
素振りの時に体の軸がぶれると、力が入らなかったり、頭の位置が動いたりして上手くミートが出来なくなるからです。

 

 

したがって、ファールを打つには、正確なバットコントロールとスイングスピードを覚える必要があります。
ファールを打つ練習としては、1人がバットを持って構え、もう一人は5mくらい離れて投球し、投げた人に丁寧にゴロで打ちかえすのと、ファールにするということを交互に繰り返します。

 

 

最初は緩いボールから始め、しだいにスピードをあげて行うと良いでしょう。
あくまでボールを良く見てバットコントロールすることが目的なので、遠くへ飛ばしたり、強く打ち返したりする必要ははありません。

 

 

ただ、ボールを軽く打とうとすると、体の開きが早くなったり、前の肘が上がったりしがちになりやすいので、フォームが崩れないように注意して行いましょう。

 

 

実践で役立つ!ファールにする練習方法が学べます!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集