バッティング 強い打球 打ち方 ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

バ;ッティングの強い打球の打ち方

ソフトボールのバッテイングで強い打球を放つことが出来ていますか?
長打はもちろん、ゴロにしても強い打球が打てれば、それだけ相手の守備はエラーする可能性も高くなるものですね。

 

 

その為には、バットとボールがぶつかる瞬間であるがインパクトの衝撃が強くすることが重要になり、ボールはより遠くに飛ばせる強い打球を放つことが出来るのです。

 

 

そして、この時のミートポイントの基本となるのがへその前です。ここが最大限にスイングのパワーをバットに伝えられるからです。

 

 

更に強い打球の打ち方のコツとも言えるのが、ボールをミートしたインパクトの瞬間に、手首を使ってボールを押し込むようにると、よりパワーを出すことができ、強い打球を放つことが出来るんですね。

 

 

ただ、この時に気をつけなければいけないのは、遠くからバットが出ていくと、ボールをミートする時に腕が伸びきったスイングになります。これがいわゆるドアスイングです。
ぱっと見、遠心力が掛かるのでスイング自体に勢いがあるように感じてしまうものですが、手首を使ってバットの押し込みが出来ないですし、ボールの球威に押されて力負けしてしまいます。

 

 

その為、フォロースルまで腕をたたんでおくと良いです。
そして、インパクトの瞬間に手首のスナップを使うと、瞬間的に大きな力を出すことが出来ます。

 

 

これは、釘をトンカチで打ち込む時と同じで、腕でなく手首で叩きますよね。
バットも同じで、インパクトではトンカチを打つように手首のスナップ利かせることで、バッティングで強い打球が打てるようになれます。

 

 

いずれにしても、腕、背筋の力だけで、重たい投球を弾き返すことは無理があります。バッティングは全身の力とそれ以上に正しいフォームとスイングで強化されます。
身体の大きさは、決定的な条件ではありません。

 

 

この佐藤理恵監修のくソフトボール上達革命DVDでは、力負けしないバッティングを身に付けるとっておきの練習法が分かります。

正しいスイングを身に付ければ力負けせず、強い打球が打てるようになれるので、この機会にDVDでしっかり学べば、チームから頼りにされるバッターになれるでしょう。

 

相手ピッチャーが良くなると打てなくなる選手は必見です!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集