バッティング 飛距離を伸ばす ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

バッティングで飛距離を伸ばすコツ

ソフトボールのバッティングで、どうすれば飛距離を伸ばせるのか?知りたいと思っている人も多いと思います。
物理的に考えると、バットの運動量(バットの重さ×にスイングの速さ)が、ピッチャーの投げたボールの運動量(球の重さ×投球の速さ)に勝っているほど、ボールが飛び飛距離は出るようになります。

 

 

だから、ミートする瞬間にバットの運動量が一番大きくなるようにする必要があるということです。
で、右打者ならバックスイングした後に、右脇を締めてバットを振り出し、両腕が伸びきる前にジャストミートすることがポイントなのかなと思います。

 

 

そして、ピッチャーが投げた球を両腕で少し押しながら、手首を返して、しっかりフォロースルーを行うようにするといいでしょう。
ですが、ミートした直後に両方の手首を返してしまうと、ボールをバットでこねるようになって、バットの運動量がしっかり球に伝わらなくなり飛距離も伸びません。

 

 

ただ、ジャストミートといっても、ボールの半分よりやや下にバットが入る角度てミートしましょう。
そうすることで、ボールにバックスピンがかかってより飛距離は伸びます。

 

 

これがよく言われるバットにボールを乗せる感じで打ち返すということだと思います。
その為には、ボールを引きつけてミートポイントベースよりにするのがコツといえるのかなと。

 

 

ボールを呼び込んで腕が伸びきる前にミートし、押し込むようにすれば、バックスピンがかかり、その後に両方の手首を返して大きくフォロースルーという流れで、スイングするといいでしょうね。

 

 

例え今はボールを遠くまで飛ばせるタイプでないとしても、ちょっとしたコツを掴むことで飛距離が伸び、ホームランを狙えるバッターになることだって十分に出来ると思います。('ω')ノ
実際に、ソフトボール上達革命の監修者である佐藤理恵さんも、以前は中距離ヒッターでしたが、大学時代にはホームラン記録を作られています。

 

合わせて読みたい関連ページ

DVDの中身

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集