ウエイティング ソフトボール上達革命DVD 佐藤理恵 練習 コツ

ウエイティングも時には必要

ソフトボールのバッティングでは、闇雲にヒッティングすれば良いというものではありません。
時にはそつのない攻撃をする為の戦術として、あえて打たないことも必要。それがいわゆるウエイティングです。

 

 

良くあるケースとしては、ピッチャーがコントロールに苦しんでいるいる時や、疲れてへばっている時などです。
このような場合には、投手により球数を多く投げさせて肉体的や精神面でも負担を大きくしてやれば、攻撃側にチャンスが生まれやすくなるものです。

 

 

例えば、スクイズする場面で、ピッチャーが打者のバットの届かない外角などに投球するピッチドアウトすることが予測出来た時にウエイテイングをすれば、確実にボールカウントを稼ぐことが出来ますよね。
そうなればフォアボールのきっかけにもなるでしょう。

 

 

とは言え、ウエイテイングの際には、ただボールを見送るのではなく見逃し方が大切です。
左打者なら、ピッチャーが投球動作に入ったら、右足を引き体を開いてバントの構えをして、ボールがきたら右手を前に出し左手を引いて、素早くバットを引くなどして、相手にプレッシャーをかけたり、守備の動きも良く見ることが重要になります。

 

 

いずれにしても、真実味のあるバントなどの構えなどをすることが、ウエイティングでのボールの見逃し方のコツと言えるでしょう。

 

 

万能選手になるバッティング・守備・走塁の上達法!

 

ソフトボール上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 バッティングの打ち方 守備の基本 走る 収録内容 お勧めリンク集